メインメニューへ移動する 本文へ移動する

行動要領

예보등급별 행동요령
予報区間 等級
よい 普通 悪い 非常に悪い
予測濃度 (㎍/㎥,日) PM-10 0~30㎍/㎥ 31~80㎍/㎥ 81~150㎍/㎥ 151㎍/㎥이상
PM-2.5 0~15㎍/㎥ 16~35㎍/㎥ 36~75㎍/㎥ 76㎍/㎥이상
予測濃度(ppm,1H) O3 0~0.030 0.031~0.090 0.091~0.150 0.151이상
行動要領
(PM-10, PM-2.5)
敏感群 室外で活動をする際、行動に特別な制約はないものの、体のコンディションに気を付けながら行動することが求められる。 長時間または無理に室外で活動をすることは制限する。特に喘息持ちが室外にいる場合、呼吸器を頻繁に利用する可能性がある。 できれば室内で活動をし、室外で活動をする際には医者と相談する。
一般人 長時間または無理に室外で活動をすることは制限する。特に、目が痛い症状があったり咳や喉の痛みにより不便を感じる人は、室外での活動を避ける。 長時間または無理に室外で活動をすることは制限する。喉の痛みや咳の症状がある人は、室外での活動を避ける。
行動要領
(O3)
敏感群 室外で活動をする際、行動に特別な制約はないものの、体のコンディションに気を付けながら行動することが求められる。 長時間または無理に室外で活動をすることは制限する。 できれば室内での活動をする
一般人 長時間または無理に室外で活動をすることは制限する。特に、目が痛い症状があったり咳や喉の痛みにより不便を感じる人は、室外での活動を避ける。 室外での活動を制限し、室内で活動するよう勧める
미세먼지 경보 발령 시 행동요령
주의보 경보
  • 敏感群(子供、お年寄り、肺疾患者及び心臓疾患者)は室外での活動を制限し、室内で生活するよう勧める。
  • 一般人:長時間または無理に室外で活動をすることは制限する。(特に、目の痛み、咳、喉の痛みがある場合は室外での活動を自制)
  • 外出せざるを得ない時には、黄砂(保護)マスクをかける(肺機能疾患者は医者と十分に相談してから使うよう勧める)
  • 交通量の多い地域への移動は自制する。
  • 幼稚園、小学校は室外での授業を自制する。
  • 公共機関が運営する室外の体育施設の運営を制限する。
  • 公園、体育施設、宮殿、ターミナル、鉄道及び地下鉄を利用する市民に、室外での過激な活動は自制するよう広報する。
  • その他、市民の健康を保護するために必要な事項
  • 敏感群(子供、お年寄り、肺疾患者及び心臓疾患者)は室外での活動を禁止する(室外で活動する際には医者と相談する)。
  • 一般人は、長時間または無理に室外で活動をすることを自制する(咳または喉の痛みがある場合は室内での生活を維持)。外出せざるを得ない時は、黄砂(保護)マスクをかける。
  • できれば交通量の多い地域への移動は禁止する。
  • 幼稚園、小学校は室外での授業を禁止、授業の短縮または休校する。
  • 中高校は室外での授業を自制する。
  • 公共機関が運営する室外の体育施設の運営を中断する。
  • 公園、体育施設、宮殿、ターミナル、鉄道及び地下鉄を利用する市民に、室外での過激な活度は禁止するよう広報する。
  • に、室外での過激な活動は自制するよう広報する。
  • その他、市民の健康を保護するために必要な事項
미세먼지 경보제 발령 및 해제 기준
区分 行動指針
市民 車の所有者 関係機関
Watch
  • 公共交通機関の利用
  • 屋外活動や過激運動の自制
  • 高齢者、子供、呼吸器患者、心臓疾患患者の屋外活動の自制
  • 警報地域内の車両運行の自制
  • 公共交通機関利用の勧告
  • 注意報状況の通報
  • 大衆広報媒体による対国民広報の要請
  • 大気汚染度の状況観測及び結果分析の検討要請
Warming
  • 屋外活動と過激な運動制限の勧告
  • 幼稚園、学校などの屋外学習制限の勧告
  • 高齢者、子供、呼吸器患者、心臓疾患患者の屋外活動の勧告
  • 警報地域内の自動車の使用自制の勧告
  • 警報状況の通報
  • 大気汚染の測定と気象観測活動の強化要請
  • 警報状況への対国民広報の強化要請
Sever warming
  • 住民屋外活動や過激運動禁止の勧告
  • 幼稚園、学校などの屋外学習の中止及び休校の勧告
  • 高齢者、子供、呼吸器患者、心臓疾患患者の屋外活動の中止勧告
  • 警報地域内の自動車通行禁止
  • 重大警報状況の通報
  • 大気汚染の測定と気象観測活動の強化要請
  • 危険状況への対国民広報の強化要請
  • 警察に交通規制協力の要請
대기 정보를 불러오는중